妊婦のリレンザ服用と胎児への影響

これからだんだんと寒くなる時期につれてインフルエンザに感染する人も増えてきますが、それは妊娠している人にとって心配なことの一つと言えるでしょう。

特に妊娠中の薬の服用は胎児にも影響する可能性が出てくる薬もあるのであまり服用したくないですが、妊娠中は免疫力も低下しているため完全に予防することは難しいこともあります。

妊婦がインフルエンザに感染した場合、インフルエンザの治療には、リレンザというインフルエンザ治療薬を処方されることがあります。

同じインフルエンザ治療薬であるタミフルと比較すると、リレンザは吸入薬です。
経口薬は、体全体に薬の成分が行き渡るため、母体や胎児に考えられる影響が心配になりますが、リレンザの場合は肺から吸い込むので体に入る薬の影響は少ないされていますので、妊婦でも使用可能です。

妊娠中にインフルエンザに感染してしまうと、高熱や関節痛が続くので一刻も早く治したいでしょうし、また母体の影響がそのまま胎児に影響することも考えられるので早めに改善することが望ましいとされます。

ただ、服用する薬に比べてリレンザは影響は少ないとされていますが、妊娠中はどんなことが起こるかわかりませんので、自己判断で使用するのではなく、必ず専門医の医師の指示に従うようにしましょう。

ちなみに、妊娠中はインフルエンザワクチンも有効なのか、あるいは摂取できるのかという疑問を抱いている人も多いかと思われますが、妊娠中であってもインフルエンザワクチンの接種は問題ないとされていますので、心配な人はあらかじめ接種を受けるようにしても良いでしょう。

もし感染してしまっても自分が油断していたからインフルエンザに感染したと落ち込まず、抵抗力が弱っているので仕方ないと思ってお腹の赤ちゃんのためにもしっかりと治療するようにしましょう。

■インフルエンザA型について詳しく紹介しているサイト
インフルエンザA型の特徴